女性の健康を考えるサイトです
原因を消さなければ病気は減らない
病気が治る延長線上に健康でなければ、症状は消えたが不健康ということになる
原因を追究するものにOリングテストの2点間時間差刺激法という方法があります。
その方法により原因の多くが、口の中のかみ合わせ・金属・電磁波と口の中の金属が影響していることがわかります。
医療関係者が、この技術を習得すれば、さまざまな病気症状が、かみ合わせや金属などの口の中からの影響が大きく関係するということがわかり、
これらを原因から解消することで、病気、症状が解消し、健康になり、医療費の減少にも繋がります。
a0080646_1743581.jpg

by wakitanishika | 2006-10-23 16:47 | ・コラム