女性の健康を考えるサイトです
<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Oリングテストとかみ合わせの意味
肩こり、腰痛を治すというと、整形外科、カイロ、整体、薬、エネルギー療法と、同じに考える場合がありますが、
薬や、エネルギーや、整体などは、外力でかみ合わせの原因を消す方法です。
原因を消さなければ症状は繰り返すことになり、原因を消す重要性はお分かりかと思いますが、今の現代医療には画期的な技術です。

現在、医療において原因を追究するということは遅れていますが、Oリングテストは、原因を調べその原因を消し、そして、健康にします。
原因を消さなければ、症状は繰り返し、医療費は増大する一方になります。
a0080646_2103190.jpg

[PR]
by wakitanishika | 2006-10-23 17:23 |  └Oリングテストとかみ合わせ
Oリングテストとかみ合わせ
Oリングテストで症状の元を追求すると、歯のかみ合わせが原因で症状を引き起こしている場合が、6,7割あります。これは構造的要因です、そのほか、化学的要因や口の中の金属、電磁波などがあります。
a0080646_216461.jpg

[PR]
by wakitanishika | 2006-10-23 17:21 |  └Oリングテストとかみ合わせ
Oリングテスト
Oリングテストと筋反射テストのひとつで、その人の体の反応や信号をとって、その病気や症状がどこからきているかを調べる、原因がわかるという画期的な技術です。

a0080646_231019.jpg

[PR]
by wakitanishika | 2006-10-23 17:18 | ・Oリングテスト
2点間時間差刺激法
Oリングテストや筋反射テストの中の技術で、症状の場所の元が、どこから来ているか、または、を調べる、その症状の元を調べる技術です。
元の原因を消さなければ、症状を消してもまた発生しその症状を繰り返すか、別の症状へ移行してしまいます。
[PR]
by wakitanishika | 2006-10-23 17:13 |  ├2点間時間差刺激法
原因を消さなければ病気は減らない
病気が治る延長線上に健康でなければ、症状は消えたが不健康ということになる
原因を追究するものにOリングテストの2点間時間差刺激法という方法があります。
その方法により原因の多くが、口の中のかみ合わせ・金属・電磁波と口の中の金属が影響していることがわかります。
医療関係者が、この技術を習得すれば、さまざまな病気症状が、かみ合わせや金属などの口の中からの影響が大きく関係するということがわかり、
これらを原因から解消することで、病気、症状が解消し、健康になり、医療費の減少にも繋がります。
a0080646_1743581.jpg

[PR]
by wakitanishika | 2006-10-23 16:47 | ・コラム